フレンドリーな笑顔の医者

早期のケアが大切

手術風景

腰部脊柱管狭窄症にならない為に

腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱管と呼ばれる脊髄や神経が通る穴が、何らかの原因で狭くなってしまった状態の事を指します。主に靭帯や椎間板、関節の変形等が原因と言われています。腰部脊柱管狭窄症になると、腰痛や下肢の痺れ等の症状が表れます。症状の進行と共に歩行障害だけでなく、排尿障害等の症状が出てくる場合もあります。 腰部脊柱管狭窄症は、組織の変性が主な原因となります。一度変性した組織が元に戻る事はありません。その為、組織の変性を出来る限り起こさない様にする事が重要となります。若い頃から腰痛で悩んでいた方は将来、狭窄症に移行してしまう可能性は十分にあります。腰痛を放っておかず、治療やケアをしていく事は非常に重要でしょう。

早期からケアする事で悪化を防ぐ

腰部脊柱管狭窄症の治療には手術療法と保存療法があります。初めは、保存療法が選択されます。保存療法は、点滴の投与が一般的で、狭くなった脊柱管の組織への血流を改善させる効果が期待出来ます。これに合わせて運動療法が行われます。初期の狭窄症は運動療法が非常に効果を発揮します。この為、理学療法士等に適切な運動を指導してもらうと良いでしょう。 一番簡単に出来る運動はストレッチです。腰痛や狭窄症の原因は、筋肉が硬くなり、姿勢が崩れてしまう事で起こります。その為、硬くなった筋肉を伸ばす事で姿勢の改善に繋がります。更に、ストレッチをする事で血流の改善の効果もあるので痛みの軽減にも繋がるでしょう。 この様に腰部脊柱管狭窄症は、初期のケアが非常に重要となります。

症状について
パソコンを扱う医師

乳がんの主な症状には乳房にしこりができるということで、大きくなると触ることができるのですぐに把握出来ます。ですが乳がんは日頃の生活に気をつけることで発症を防げます。

Read more

発症などについて
病院の廊下

早期発見や早期治療でしっかりと治すことができる乳がんにはいくつかの治療方法があり、近頃では乳房を保存して行う方法が主流になっています。また発症を防ぐためには色んな対策をすることです。

Read more

注目のがん治療
笑顔の医師たち

がんの治療方法は多くそれぞれ注目されていますが最近ではNK治療、正式名ナチュラルキラー療法と呼ばれる治療方法があります。この治療は事前に知っておくとよい情報が多くあります。

Read more

下肢静脈瘤の治療
医師と患者

治療方法には種類だけでなく特徴もそれぞれであると言われている下肢静脈瘤ですが、最も簡易的なもので注射による硬化療法があり、静脈瘤を固めてしまうという治療になります。

Read more

このエントリーをはてなブックマークに追加